はじめます 大航海時代Online こていかんたい2

こていかんたい2

 固定艦隊を作る場合、上手い下手に関係なく一緒に長く続けられるかどうかを重視するほうがおすすめです。それは、どれだけ考え方や意識を共有し、信頼関係を構築できたかが艦隊の強さに繋がっているような気がするからです。とは言っても、そうした組み方をした場合、最初のうちはなかなか勝てない可能性があります。私の感覚ではむしろそのほうが多い。

 そしてこれが第一関門で、これを乗り越えられれば固定艦隊としての体裁を整えられるでしょう。やはり試練を共に乗り越えた仲間とは、強い信頼関係で結ばれるものですから。どんなに性格が合うと言っても、負け続ければどんな人でも悔しい思いをしてしまう。長きにわたって勝てないという事になれば、艦隊の雰囲気も落ち込んでしまいます。

 この関門を乗り越えるには、連携がいかに取れるようになるかにかかっているような気がします。その際の方法としては、全員提督特攻。提督が狙った相手を全員で砲撃する。など至極簡単な目標に向かって全員が一丸となって行動する事をおすすめします。人は自由であれば自由であるほど良いと思われがちですが、実はある程度の選択肢が提示されているほうが自由な選択が出来る。こうした単純な約束事をきっかけとして感覚、思考が共有できてくるようになると阿吽の呼吸が自ずと育まれていくという訳です。

 これはお互い考え方を共有する必要性にも当てはまります。お互いの思考や理念が分かっていれば、艦隊として自分がどう立ち振る舞えばよいかも分かってきます。こうした事がなおさら連携を深める事につながり、錬度を高めることが出来る訳です。所属する組織で、どういう理念や目標に向かっているかが分かれば、命令されずとも能動的に動くことが出来ますよね。私の中では、「自由に動く」というのは好き勝手にするという意味でもありますが、その裏返しとして、自分はどう行動すべきかを考えるという意味でもあると捉えています。そうでなければ固定艦隊である必要がないからです。

 艦隊には様々な形があると思いますが、勝てるようになるポイントが見つけられると一気に視界が開けてきます。それを探すというのも固定艦隊での楽しみの一つかもしれませんね。
2014-05-16 ( 金 )  はじめ語録  コメント : 0  トップ
<< もくてきのきょうゆう | ホーム | きらいをきらわず >>


管理者にだけ表示を許可する