はじめます 大航海時代Online しんりせん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- ( -- )  スポンサー広告    トップ

しんりせん

 なんでもそうだとは思いますが、焦らずにほどよい緊張感を持っているときが一番強いです。クリを貰うときっていうのは焦りすぎか、緊張感がなさ過ぎる場合のどちらかです。もちろん旋回タイミングを知っていることが前提ですが、ある程度の技術を持つと精神的に負けたら負けます。

 何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、敵に煽られ焦りすぎでは自分の旋回や動きが出来ず、自分のよさを引き出せずに終わってしまいます。

 こわい。やられる。と思いながら旋回するのではなく、自分は大丈夫だと常に平静を保つことが出来るかがベテランとルーキーとの大きな違いだとも言えますね。車をはじめて運転するとき、そわそわしすぎて近くの中央線ばかりに気をとられていたり、前の車に集中しすぎると事故るってことも多々あると思います。遠くの景色を見ながら2台前、3台前の車の動きをみつつ、危険そうな匂いのする周囲の変化や障害物には、警戒しておおらかに対処できるようになっていきますよね。それと同じことが言えるわけです。

 DOLでも最初のうちは近くの敵にばかり気をとられて、前後の状況や遠くの状況を見逃しガチになります。結果として味方が何をしようとしているのか、敵がこれからどう動くのかなど状況の変化に対して事後的に対処していくことになってしまいます。全体を万遍なく捉えるというのが一番いいわけですが、初心者のうちは味方提督と敵提督の位置にだけ気をつけて動くようにすると、大体全体を捉えられるようになっていきますね。

 ところで焦らせる、不意を付くといった精神的に揺さぶる動きというのを私は重要視します。たとえば苦手意識というものを相手に植え付けることで、狙われなくなったり、相手のミスを誘うようになったりします。これは精神的なものから来るのだと考えます。

 初心者の人に多いのが1:1の場面で落とされるケースです。1:1なのでちゃんと動きを見ていればそうそう落とされることは無いわけですが「こわい、きた、ひとりになっちゃった。」という形で精神的に負けると沈むことになります。特にその場から離れたいという一心から曖昧な旋回をしてしまって落とされるというのがそのケースですね。そういう場合、相手の動きを見てから旋回するという「こわい。やめて。」というような後手後手の旋回をやめて「よし来たな、迎え撃ってやる。」というような気持ちで、相手より先に舵を入れていくというようなイメージを持つことが重要でしょう。

 話は変わりますが、一番安心感を持って行動できる状況を考えて見ると、回避スキルと二連弾防御スキルを入れている状況だと思います。特に最近だと横風を意識するだけでも精神的に安定するでしょうね。安心していないとしっかりと状況を確認できませんし、あわてた旋回をして旋回をした先で2回目のクリを貰って死ぬということが起こります。当たってからだったらむしろ旋回しないほうがいいというわけですな。

 どちらにせよ最近の傾向では、耐久管理に重きが置かれているわけで、簡単に耐久を削られてしまうとこっちは水平弾道貫通でさえ落とせるか分からないのに、相手からは水平と弾道だけで落とされてしまうという状況にすら陥りますから、回避と連弾を入れずに簡単にしぬのなら、最初は回避と連弾をしっかりといれてから回避、連弾防御、水平をメインに、連弾防御と弾道だけを切り替えられるように練習してくというのが上達の早道だと考えます。

 こうしてみると大いに重要な部分が心理戦な訳ですね。
2012-10-26 ( 金 )  はじめ語録  コメント : 4  トップ
<< 今日の被撃沈1回 | ホーム | 今日の被撃沈4回 >>
チラッ
2012-10-26 ( 金 ) URL  まろこ [ 編集]
チラチラッ
2012-10-26 ( 金 ) URL  はじめ [ 編集]
チチラチラッ
2012-10-27 ( 土 ) URL  えば [ 編集]
チラチラチラチラチラッ
2012-10-27 ( 土 ) URL  はじめ [ 編集]


管理者にだけ表示を許可する

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。