はじめます 大航海時代Online もぎ

もぎ

 今日のMAXは被撃沈がなかったので話をば。ってかRGがきてたけど戦闘でけんかったとですたい。ほんなこつ。

 さて今の初心者の人たちは大変ですね。初期の初期はクリティカルの取り合いでヌケクリという技術もありませんでしたし、コンボ重視や耐久管理なんていう概念も一等が出るまではありませんでした。2秒に1回旋回するなんてことも誰も知っている人もいませんでしたし、本当の初期であれば白兵戦が主流で砲撃なんてしてる人すらありませんでしたな。

 そんな中で艦隊戦のレベルも徐々に高くなっていてスキルの切り替えスピードも速くなってるし、戦闘全体が高度になってなおかつ展開も早い。ゆえに迅速な判断も求められますね。そんな中模擬をはじめようとしている人がいるわけで応援したいところです。
2012-11-05 ( 月 )  雑感  コメント : 2  トップ
<< 今日の被撃沈1回 | ホーム | はじめてのロイヤル・ロジャりん >>
大変は大変ですが、初心者は先人たちが切り開いたセオリーを覚えて、より短時間でスタートダッシュ後の上達していく術を得られるのは、ちょっと楽できているといえなくもないです。ちょっとだけど。大事な(ry

大変だからこそ、面白い。そう言えなくもない。うん。
周りの人に助けられてばかりで心苦しくもあるんですが、こういうことってやっぱりスゴスゴな人たちの世界を体験しないと、わからないものも得られないものもあるじゃないかなと。

「俺TUEEEE!」したいってだけなら、あっさり心が折れたるでしょうね。鼻っ柱折られるとか、そういうレベルじゃないショックですからね。
むしろ、「俺もあのレベルの世界で遊びてええええ!」って感じでしょーか。
私はわりと変人で皮肉屋なので、模擬を本格的の始める前に大海戦やBCでバンバン与をとった時、ですらあ砲オカシイとかいわれたりしたんですが、「俺SUGEEEE!」とは思わなかったんですね。
「初心者にサクサクおとされる人たちが対人戦で強い人とは思えNEEEEE」「もっとすごい世界があるはず!」とリス模擬に飛び込んでみたんです。
そしたら、模擬の入り口でボコボコにされたわけです。
で、見かねたやさしい人たち(?)に修行のお付き合いをしていただいてるわけですが。←今ココ

とにかく戦闘の展開速度がとても速くて、「今日もがっちりインするZE!」と思ってもですね、気がつくと戦場の中心から離れたところにポツンといたり。
速度についていけなくて、置いていかれてるだけなんですね。
ホントホント。たぶん、初心者じゃないと体感できない世界です。
「ですらあさん、今日は外の練習してるんだよね^^」と言われて、「実はインのつもりなんです…」なんていえなくて、「も、もちろんですよ。やだなあ。HAHAHAHA!」なんて答えてしまうくらい。
なるべく戦場の中心近くに常にいたいんですけどね。
とにかく情報処理が間に合わないので、いまどきの時代に486くらいのCPU搭載の気分です。
それでも楽しいと思えれば続くんじゃないのでしょうか。
ああ、マゾな人ほどいいのかも?(゚Д゚)

と、とりあえずは人の3倍多く沈んでる現状を何とかすることからですらあ(゚Д゚)



2012-11-07 ( 水 ) URL  ですらあ [ 編集]
 なるほどそれならばと安心しているところです。

 ですらあさん以外にも初心者の人もいればもっと気軽に出来るのかと思ったりしているところですが、逆に密に動きまで見ることが出来るので、一人のほうが教え易かったりはしますがw かといって教えるといっても具体的にピンポイントで教えることは出来ませんし、艦隊戦である以上一緒に学ぶということのほうが多いと思いますので、共に成長できればと思っている次第です。

 そういえば私事になるのですが、マゾヒズムいや逆にある意味ではサディスティックな人のほうが楽しめるし、更には上達するように思いますw なぜなら私が以前いっていたように、「こうすればいいのか!」と開花したのはインファイトをしてからでした。

 当時のインファイトは「肉壁」と表現されるほどで、単騎で突っ込みながらも沈まないスキルを持ち合わせなければ味方を活かすことなんぞできないって感じでした。それが出来たのも、以前はヌケパスという技術をガチガチに駆使しようとする戦い方。つまり白兵を多用する戦い方ではなかったからです。そういう意味でも現在のほうが難しいのですが。。

 それをともかくとしても、「沈められるものなら沈めて見よ!」という自信が芽生えたのも、囲まれるのが大好きになったのも、やり方がわかった瞬間からです。それが分かったキッカケがあります。沈んでる最中に他人のスキルをパクって実践してみて、自分の動きにあわなかったら捨てるということを繰り返していました。そんな中でどんどん磨きがかかっていったように思います。

 私の場合は他人の動画(自分の動画)で学んだことというのはほとんどないかもしれません。これは人それぞれだと思いますが、沈んでる最中に味方の動きを見る方法が一番「個人技」を磨けるのではないかと思ってたりします。もちろん艦隊の動きの確認をするのは動画が一番いいわけですがw

 あと練習するとき沈まないスキル構成を優先して先オチを避けるっていう意識でやるのが一番いいと思ってます。なぜかというと先オチすると実践練習の時間がもっと短くなってしまうからです。しかも味方が先オチした場合のきつさも分かったり、劣勢のときの勉強にもなって状況判断の練習になるからです。

 それと矛盾するようですが、逆に沈むのも勉強ですよ。ですらぁさんが感じているように先オチしてしまったときの申し訳なさと悔しさというのは誰しも人知れずあるとおもうのですが、沈んだときこそそういった覚悟が芽生えて、「真剣に」味方の動きを見るチャンスが出来ると思えるからです。

 沈んだことに対して文句を言う人はいませんし、生き残りで何とかしようと心がけてますので大丈夫ですよ!申し訳なさや悔しさは勉強代ぐらい思っててくださいなw なので沈んだときは謝らなくても大丈夫ですよ!

 うれしいコメントでしたw 一緒に学んでいきましょう!ともかくも長文乱文になり申し訳ない。
2012-11-07 ( 水 ) URL  はじめ [ 編集]


管理者にだけ表示を許可する