はじめます 大航海時代Online ブートキャンプ9日目:白兵戦の仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- ( -- )  スポンサー広告    トップ

ブートキャンプ9日目:白兵戦の仕様

 模擬戦で重要なものの一つに白兵戦があります。白兵戦にはいると先行と後攻がそれぞれ剣と盾で表示されます。先行ターンのの1秒後に後攻ターンという形の勝負になりますね。

20121029003346.jpg

 先攻と後攻はいくつかの要因によって決定されます。そのメカニズムは。まずスペシャルスキルや船スキルの先制攻撃が付いているか否かによって判定されます。もちろんのことですがw その次にはそれぞれの錬度の高いほうが先攻と判定されます。もし錬度が同じ場合には船員数で判定されるという形となります。この場合、船員数が少ないほうが先攻となります。「先制スキル→錬度→船員数」ですね。

201210290rw4r03346.jpg

 また通常撤退ボタンを使うと撤収の鐘とは違って、先攻で撤退を試みます。それに相手と自分が同時に通常撤退を押したときには100%間違いなく撤退が成功するという点も撤収の鐘との違いです。ですから後攻で次のターンで拿捕されると分かっている場合であれば最後のターンは撤収の鐘をつかわず通常撤退を試みましょう。

 これを応用すると、味方がヌケクリの位置に先攻で間に合いそうな場合であって後攻であった場合には、通常撤退を押してヌケクリを撃ってもらうというのも手になりますし、他には相手がキャノンでヌケクリを狙っている場合に、後攻で合わせていたときには通常撤退を行うなどといったフェイクにも使えたりします。
2012-10-01 ( 月 )  企画  コメント : 0  トップ
<< ブートキャンプ8日目:弾道色の識別 | ホーム | ブートキャンプ10日目:処理のタイミング >>


管理者にだけ表示を許可する

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。