はじめます 大航海時代Online 上手くなるための精神論

上手くなるための精神論

 上手い下手の概念はそれぞれの価値観に拠りますが、すくなくとも上達には条件があると考えます。自分に甘く、仲間に厳しい。そんな状態で建設的なスキルアップが果たして望めるでしょうか。

自信をもっても傲慢になるな!

 実は私は、自分は「上手い」そう騙し騙し模擬戦に勤しんでいました。しかし同時に自分はなんて「下手くそなんだ」という思いもありました。私はこの二律背反の気持ちを常に持っていて、「ヤツには負けない」「いや負けていない」という負けず嫌いの部分が大いにあり、だからこそ自分が撃沈されたとき、仲間が沈められた時には猛烈に反省しました。自分はなんて雑魚なんだろうと。その思いが結果的に大航海の模擬戦にのめりこんでいく要素でもあったのだと思えます。

敗北が己のせいであると認めよ!

 私には信念がありました。それは敗北を「仲間のせいにしない。」いや、正確には「したくない。」という思いです。この姿勢は実は己から湧き出たものではなく、他人から学びました。そうした姿勢の持ち主であった「博」という人の存在が私にとってはゲーム内の指標となった訳です。実は私が飛躍的に伸びる要因となったのは、彼の動きを見ていて閃いたものでもあったのです。フェイクや操船の手法は私独自のものだという自負はありましたが、その要因となる基礎を学んだのは彼の動きを熱心に見ていたからです。今考えてみれば、彼のように「こいつは一人でもなんとかしてくれる」という信頼からくる心強さに感嘆し、また己もそのようになりたいという羨望があったのかもしれません。今だから言えますが私は尊敬すらしていました。

皆より信頼を勝ち得よ!

 「こいつはなんとかしてくれる」戦い方をするためには、一人であらゆることが出来なければなりません。それは攻撃であり守備であります。そういうことを突き詰めていくうちに、大航海時代においては私には攻撃においても守備においてもセンスがないという事に気づきました。アタッカーとしてディフェンダーとして、何もかもが中途半端であり、第一線で活躍するセンスある猛者と比して、どの分野においても鯖随一というほどにはなれなかったからです。ただし何もかもが一定のレベル以上に出来るという点において、私は高水準のプレイヤーだったと豪語できます。私はそうしたスキルを活かして、艦隊からMVPを、艦隊で大会優勝を、という目標をサポートできたと思います。

 今だから言える事、という懐古に浸りながらこのブログを綴れる事が、大航海時代の素晴らしさだったように思えます。この自分語りは恥さらしである事を自覚しながら、その旺盛な自己顕示欲によって書かされています。
2016-11-11 ( 金 )  はじめ語録  コメント : 0  トップ
<< 一月更新しないと広告が。 | ホーム | 強い固定艦隊を作るための方法 >>


管理者にだけ表示を許可する