はじめます 大航海時代Online ちゃんすをふやす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- ( -- )  スポンサー広告    トップ

ちゃんすをふやす

 おそらく対人戦において殆どの人が気にすることは、操作量なのではないでしょうか。実際に分析ツールなどを用いてみると、その操作量は目に見えて歴然です。しかし実際に気にしなくてはならないのは、データに残らない部分なのです。操作量で言えば、回避や二連弾防御の多さを見ると一目瞭然になっているはずです。

 まだ慣れないうちはこうした操作量を出来るだけ増やす事に血眼になる。実にそうした方法は適切だといえるでしょう。しかし。操作量が多いという事は、反面少なくとも無駄が多いという事にもつながります。「ああ!貫通を入れたままにしてればよかった」「ああ回避を入れてればフォローもいらなかったのに」と思う事はしばしばないでしょうか。無駄な回避スキルの挿入、切り替え時間のせいで、攻撃というチャンスを失うという事も大いにある。同時に、切り替えを無駄な場所で行ったせいで無用のピンチを作ってしまうという場合もあります。慣れるまでは、単純に操作量を増やす。しかしそれが身に付けば、今度はそれを削ぎ落とすことが重要になります。注目すべき対象が、切り替えが多すぎず少なすぎず中庸が守られているかに視点を移すべきときが来ます。

 また切り替えが多い少ないというのは初心者においては基礎基本の修得の是非にかかっているのですが、ベテランになれば艦隊として余りにも個人に負担をかけすぎていないかという指標にも成り得ます。無駄な操作が少ないにもかかわらず、切り替え量が多いならば、それを低減させる必要がある訳です。操作量が多い事は誇れる利点でもありますが、それが故のミスの条件でもあるわけです。精神を平らにして操作を充実する事は無意識的に身に付いた頃には可能でしょうが、人間は常に不完全である可謬(間違う)の存在である事を理解していれば、危機に対処する方法が見えてくるでしょう。どんなに上手い人がいたとしても、「誰かの負担が大きすぎないか」を考える事は勝利の布石になるのです。

 艦隊は個人技も重要な要素になり得るでしょう。しかしそれは点でしかないのです。実に重要なのは総合力で、これは流れ全体に言えます。総合力の可否が艦隊の勝敗に関わっている。総合力という面を大きくせんとするならば、点を減らす事です。個人の負担、個人の貢献を減じることが大切なのです。しかし実際にはレベルが同じような艦隊の場合、最終的な勝敗に関わっているのは、ある種の点であるともいえますけれども。面で戦うことが出来れば、弱点、例えば初心者から攻めるということが出来ず、または強い人のみを潰せば勝てるという隙を与える事にはならない訳です。

 全体の流れを作り出すには自分たちの艦隊の形と流れを組み立てる事、それと精神的な支えが必要です。何度も負けていると艦隊の口数も減り、どこか険悪な雰囲気になってしまう。しかしお互いの過失を責めずに、「自分が何とかする。」というような気持ちが大切なのです。例えばフォローがなくて沈んだ場合、それはフォローが必要になる状況を作った自分が悪いのであり、敗北した場合、自分が提督をフォローできなかった、もしくは先に相手提督を落とせなかったことが問題なのです。味方が沈んだ場合は、それをフォローできなかった自分に過失があるのであり、そうした状況を作ってしまった自分に責があると考えるべきではないでしょうか。こうした積み重ねが信頼感につながり艦隊の勢いを作り出す事にもなる。どこか気持ちの面で上手くいかない場合は、こうした事を意識してみると吉でしょう。
2015-06-14 ( 日 )  はじめ語録  コメント : 0  トップ
<< きらいをきらうことなかれ | ホーム | 中庸 >>


管理者にだけ表示を許可する

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。