はじめます 大航海時代Online 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- ( -- )  スポンサー広告    トップ

緑の服

1114123145948.jpg

 ピースコッド・ベリード(緑)が3回目と5回目で出たんですが、砲術3回避2水平2は本当でした。

111412151706.jpgnankanikome114.jpg

 あと気づいたんですが、デブキャラはどんな服でも着こなせますね。

PeterPanImage06-200.jpgpi-ta-panndayonakoreha1.jpg

スポンサーサイト
2012-11-14 ( 水 )  雑感  コメント : 0  トップ

艦隊バランス・グリッド

 艦隊のバランスは重要です。おそらくバランスの悪い艦隊でいえば、全員がインで守備しかしない場合。これでは後手後手になって窮屈な試合になってしまう可能性がありますよね。運が良くて勝つ場合はあると思いますが、こうした戦い方はなかなか難しい。グリッドで説明すると下記のようになります。

barannsunowaruikanntai.jpg

 逆にバランスがいい場合いろんなスタイルの平均値が中間で均衡するように散らばるだろうという感じです。つまり均衡した点が中間点に近い艦隊ほどバランスがとれているということです。まぁ一概には言えませんが、大体バランスが取れた艦隊が安定して強いようです。たとえばこんな感じのグリッド。

barannsunoii.jpg

 もちろん役割もインに入れば誰かがアウトに出るというように流動的なほうがいいわけですから、理想は全ての人が常に中間という感じでしょうか。しかしそんな戦い方はなかなか出来ないわけです。このグリッドをFESに当てはめて考えて見るとこんな具合になりそうです。

rennsyuutyuubarannsu32342.jpg

 ところで艦隊にいる人たちの戦い方のバランスを見る上でも便利なわけですが、戦闘中で自分がどのような立ち回りをすればいいかの指標にもなりえます。というのも、インでギチギチに凝り固まった試合になった場合には、外に抜け出して攻撃的になっていいわけですし、全員が攻撃的になって流れでの落としあい(空中戦)になってしまって時間ばかりかかる可能性があるならば、誰かを捕まえて一気に囲んで落とすなんてことが出来るわけですよね。つまり、攻撃的な艦隊でも、役割をその時々で柔軟に変化させることでバランスは取れるでしょうね。

 このように同じ試合の中でも味方と敵の動きや戦い方によってバランスを見るというのは重要になります。なのでインもアウトも練習してこなせる様にしておかなければならないともいえますね。
2012-11-13 ( 火 )  理論  コメント : 4  トップ

重い場合

 最近もやもやエフェクトでも重くなったって人も居ると思います。ゲーム内の環境設定もあるのですが、ゲーム内の環境設定だけではグラフィックを最低水準にまですることはできなかったとおもいます。そういう場合は起動時に設定するといいです。

daikoukai.jpg

 まずこの環境設定から。

kankyosettei.jpg

 こんな感じで、チェックボックス全部はずしたり「低」にするとまだマトモになると思います。
2012-11-13 ( 火 )  雑感  コメント : 0  トップ

MAX模擬

 マックス模擬では被撃沈がなかったわけです。しかしこの言い方は味方に対しても申し訳ない。被撃沈の数というのも減らそうとすればいくらでもできるわけですが、私自身、自分が沈まなければいいという悪い思考に結びつきかねないので、被撃沈を晒すというのもその時々重要だと思った死に方を晒すという形に改めようと思います。

 まぁおそらくほとんど人が他人の被撃沈には興味が無いとは思いますw それと正直に言うとSSや写真をペタペタと貼るだけのブログは好きではなく、自分の性には合わないというのもありますし、やり方を変えてみようとおもっちょります。
2012-11-12 ( 月 )  MAX模擬  コメント : 0  トップ

なれ

 個人的に操船は自動車の運転によく似ていると思う部分が多々あるんです。自動車の場合は初心者の頃は丁寧な運転を心がけているものだとおもうのですが、逆にゴールド免許を初めて取る頃というのは運転にも慣れてきて「舐めた運転」をし始める頃だと思います。

 模擬でも同じ事が言えて、初心者の頃は状況判断ミスであったり精神的に焦ったりして死ぬなんて事があると思うのですが、そうした操船に慣れてきた頃には「舐めた運転」で沈む事が増え始めます。「ええ、何でコレが当たるんだ。」だったり、「ソレが当たるかよ!」と沈んだ直後に言ってしまったらもうその域に入ってきているということでしょうw

 現実世界でいえば、ウィンカーを出さずに割り込みをする、スピードの出しすぎでしかも一人レースをしだす、間をぬっていくというような走行をやったり、歩行者信号が青になったらなぜか少しずつ車を前に出しだして停車線を越える、前の車との車間距離を全く考えず距離が短い。と、まあこういうのが「舐めた運転」というわけです。

 こういう運転を続けていると必ず事故にあって他人に迷惑をかけてしまうわけですが、事故にあうかあわないかの違いは、自分が「舐めた運転」を今しているということを客観的に捉えて自覚するかどうかにあります。

 模擬の世界では、このくらい舵きってりゃ大丈夫だろうと勝手な思い込みから少ししか舵を切らずに、2回目3回目も同じ舵を繰り返してしまい結局撃たないフェイントで沈められるという場面が考えられます。この場合には1回目の旋回タイミングで少ししか切らないのは別としても、2回目3回目も同じ舵の入れ方では沈むわけです。対策は逆に切り返すか、大きく切るという2択しかありません。

 初心者の頃は、シッカリと舵を切って避けようとする可能性が大きいわけですが、慣れてくるとこのくらい切ってりゃ大丈夫だろうってことになりがちなので、自分が舐めた操船をしているときはコレを自覚して修正していきましょう。もちろん私も例外ではなく、実際に舐めた操船をしているときに多々流れクリで沈むので、注意していこうと心しているところです。
2012-11-10 ( 土 )  はじめ語録  コメント : 0  トップ

たいせつなこと

 急な話ですが、初心者の方が模擬に少しずつ慣れてきて、ある程度のことまで出来るようになる日というのは必ず来ます。しかもある程度の意識や定石のような動き方なんていうのは、これもまた必ずといっていいほど他の人と似通ってきます。おそらくはこういった共通項というのが模擬における基礎基本といってもいいものだと考えます。

 しかしそれぞれがまた同時に培って養ってきた部分に相違が出てきます。これは個人の特性だと思います。こうした個人の特性に関しては誰しもにできることではないので、「文句をつけてはならないし、文句をつけさせてはならない」と敢えて言っておきましょう。

 ただし固定艦隊の場合は多少なりとも結論が変わってきます。自分の動きが艦隊の動きに当てはまるということもあるとは思いますが、こんな美味しいことはほとんど無いに等しいといってもいい。そんな場合に必要なことは、艦隊の動き方が自分の動き方になるということです。おそらく動き方というものはそれぞれの「意識」に裏付けられたものだと思うのですが、そうした意識は艦隊で共有していなければなりません。そうでなければ固定艦隊とはいえないと思いますし、意識の相違がありながら長く艦隊を続けていくことは困難でありましょう。

 ところで、こんな話は別として共通項が身に付いた頃には慣れてくると思うのです。しかし慣れるだけじゃなく革新的に上達するポイントがきっと来ます。ソレは個人個人の素質を発見できたときだと思います。おそらく幼少時代から大人になるまでやってきた勉強や技術習得というのも同じではないでしょうか。

 勉強も基礎基本をしっかりとやって、しかも長きに渡って伸び悩むなんて事があったかと思えば、あるポイントから一気に学習の質が上がるって事があると思うのですが、それと同様に模擬にあっても何かが分かった瞬間から飛躍的にスキルが向上することがあります。私の場合は沈んだときに他人の動きをしっかりと観察していて、気づいたことを実践したときにソレが起こったわけですが、そのキッカケは人それぞれでしょうね。

 また艦隊戦はスポーツと似通ったものがあるとおもうのです。例えば上達する方法が「自分がされて一番嫌なことを他人にする」という実生活では人間性が疑われる行為をすることですがw 模擬でどうすればプレッシャーを作れるかといえば、以前も言ったようにおそらくは精神的に追い込むことです。慌てたり、落ち込んだり、また怒ったりしている場合にはいい動きなんぞ到底出来やしません。平静を保って自分の動きが出来るかどうかというのが重要なのです。

 逆に言えば、自分がされて嫌なことを他人にする場合には慌てさせることが出来るわけです。とはいってもスポーツと一緒で罵詈雑言でねじ伏せようなぞとは考えてはいけませんw 自分の動きで嫌がる動きをする訳です。一般的にはフェイントだったり、一方的に耐久を削ったりといろいろ選択肢はありますよね。今まで自分がされて嫌だった動きをどんどん取り入れるのが吉です。テニスやバドミントンで言えば、プレイヤー目掛けてスマッシュしたり、ハンドボールやサッカーなんかで言えばキーパーの顔や股を狙ったり、ギリギリ四隅を狙ったりしますよね。

 流れでクリを貰う瞬間というのは旋回のタイミングで来ます。つまり流れで落とされるというのは舵を切りすぎ、切らなすぎ、それか全く切らないという場合しかありません。重要なのは旋回のタイミングを意識することです。わざと撃たない。わざと逆に舵を切るというように、相手の予想に反した動きをすれば誰しも瞬間的に焦りパニックを起こします。だからこそコンボを合わせる場合にも敵の旋回タイミングが丁度いいわけです。

 多分こういうことを意識して動いて見ると、もっと自分の素質を伸ばせると思います。
2012-11-09 ( 金 )  はじめ語録  コメント : 0  トップ

今日の被撃沈2回

 今日は2回被撃沈でした。エリィちゃんに助っ人できてもらったのですが、楽しめたかどうかw 今日は調子が悪かったので若干申し訳ない。

20121108230316.jpg

 ママに真剣にやりなさい!!っていわれそうな死に方ですw

20121109001813.jpg

 これも白兵で速度ついてるのを止めようとして沈みました。ママに怒られます。
2012-11-09 ( 金 )  今日の被撃沈  コメント : 0  トップ

着弾にかかる時間

 以前から言われている弾速による着弾の早さについては関係が無いのだとおもいます。検証すると大砲の種類による着弾までの秒数に変化は無かった感じです。私が計測したのはエンターを押してからの早さだと発射のタイムテーブルによる誤差が出てしまうので、発射直後の名倉の声から計測を開始して着弾音で終了という具合で時間計測を行いました。ちなみに風向きも関係ありません。

110812141911.jpg

 大体この距離だと発射後約3秒で着弾します。

110812142549.jpg

 大体この距離で発射後約2秒。

110812142649.jpg

 大体この距離で約1秒です。ちなみにゼロ距離射撃は0.5秒ほど。

 コンボ判定は着弾時に判定が出るので、インの位置に居るヌケクリに合わせるにはヌケクリを狙っている人の2秒前に発射すればいいわけですね。中間距離では1秒前。インでは同時という具合に、コンボ判定になるのも大体着弾の誤差1秒だと思われます。なので3人がばらばらに発射した場合、2コンボが2回出ることになるんだろうと思います。実際検証でもそんな感じになりました。

 ダメージ判定はおそらく0.5秒に1回のタイムテーブルだと思うのですが、だれか検証してくださいorz
2012-11-08 ( 木 )  雑感  コメント : 0  トップ

今日の被撃沈1回

 今日は序盤全然ダメでした。底だとなかなか厳しいスキル構成だったようです。それを変えた瞬間から一気に調子が上がりました。自分に落とさせる為に辛抱してくれてる戦い方なのに自分がクリを入れても落とせないというのが一番の原因だったようです。そう気づいた瞬間からインを交代すればよかったのですが、気づいたのが遅かったところですw いやはや申し訳ない。。

20121107225106.jpg

 今日の被撃沈。横風で旋回を調整してわざとクリをもらったのが問題でした。2コンボクリなんてなるなんて思いもしなかった。あほですなぁw まだまだ状況判断等々勉強をしなければならない部分がありますね。頑張ります!
2012-11-08 ( 木 )  今日の被撃沈  コメント : 2  トップ

しょうかい

morugenn.jpg
 これからフォンノイマンモルゲンシュテルンモデルっていうのを思い出した今日この頃。

 さて大航海時代で商会っていうのは結構重要な要素だとはおもっているのですが、私のプレイスタイルはフレンドを中心に仲良しグループみたいな形で遊んでいるので、なかなか商会の方々と語らったり遊んだりということはしていません。はじめちゃんが所属している商会は私の操作するキャラで唯一ひとり商会ではない訳なんですが、完全に交流もチャットのみという形になってしまっています。申し訳なさを感じると同時にそんな私のプレイスタイルでも受け入れていただけているということに関して常々感謝しております。

 所属商会はレオパードというのですが、設立当初の人たちは様々な思いがあって運営していたと思うのです。古いメンバーの方の言説を聞いていても過去の商会は華やかな活動を通して商会としても非常に密な交流も行われていたのだろうなと思います。私は比較的新しい人間な訳ですが、当初から居られた方々も引退したり休止したり、はたまた行方不明になったりと商会の形も変わっていったんでしょうね。

 私が入ったのは商会がそんな形になる直前で、人材不足ということもあったのか商会の方針を変えはじめたときでしょうか。元々ポル限定の軍人商会だったと思うのですが、私の意向からPKさえしなければイングのままでいいという条件まで頂いて入会したという経緯があります。しかし入ってから暫く経って古参のメンバーがインしなくなってからというもの、我々新人諸氏はただただ所属だけして別々の固定艦隊に入るという形になってしまっていました。

 古参の人たちは我が商会を様々な思いで見つめていたのだろうと思いますし、愛着も相当特別なものがあったのだろうとおもいます。そういった思いをときおり見聞きすると心苦しい思いになり、申し訳なさでいっぱいであります。そしてただただ私の自由な振る舞いについて、あえて何も言わないで居てくださる優しさに感謝している次第です。

 そして何をいっているのかわかりません。
2012-11-07 ( 水 )  雑感  コメント : 0  トップ
    次ページ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。